薄毛の治療に有効とされるミノキシジルのジェネリック医薬品を把握し、自分に合ったお薬を見つけ効率よく治療しましょう。

AGA対策レポート

AGA対策レポート
‐ミノキシジルのジェネリック医薬品について‐

ミノキシジルジェネリックについて

ミノキシジルジェネリックについて ミノキシジルタブレットで知られているものがロニテンというお薬です。
この薬は世界的に有名な医薬品メーカー、ファイザー社が製造しています。
飲むタイプであるロニテンの他にも塗布タイプのミノキシジル育毛剤ロゲインを製造しており、どちらかといえば外用薬のロゲインの方が知名度は高いと言えます。
ミノタブ(ミノキシジルタブレットの略称)はジェネリック医薬品の方が知名度的に幅広く浸透していると言えますが、そのジェネリック医薬品もいくつかの種類があり、効果効能についてはロニテンとほぼ同じような作用があります。
いくつかあるジェネリック医薬品でも、特に有名な薬はノキシジルという医薬品です。
タイの製薬メーカー「T.O. MED社」が販売しています。タイでは大きな製薬会社のようです。
ロニテンと同じくミノキシジルが主成分で、5mg、10mgの二種類があります。同じように服用するだけで発毛効果が期待できます。
服用の回数は一日二回、5mgを服用します。10mgを購入した場合ピルカッターで半分に切るとコストパフォーマンスが上がります。
価格はロニテンよりも遥かに安く購入でき、5mgですと1錠あたり35~38円で購入が出来ます。
ジェネリック大国であるインドからも、製造されているタブレットがあります。
商品名はロニタブというお薬です。
製造メーカーは「インタスファーマ社」です。
インタスファーマ社はジェネリック医薬品を多数、各国へ展開しています。
成分の含有量は5mgで、他のミノキシジルジェネリックよりも高めの1錠160円前後で価格設定をされています。
製品名自体が「ミノキシジルタブレット」とシンプルな名称の錠剤もあります。
インドの製薬メーカー「Cyno Pharmaceuticals社」や、アメリカの製薬メーカー「Mutual Pharmaceutical社」が製造しています。
このミノキシジルタブレットも有名で、2.5mgと10mgの二種類が販売されています。
ミノキシジルジェネリックも最近では様々な製品が販売されてきていますが、知名度や人気度ではノキシジルが他のジェネリック医薬品よりも一つ上をいっている状態です。

ジェネリックは主成分は同じものの作り方や含まれている添加物などは異なりますし、個人差によって合うもの、合わないものがありますが、知名度が高く人気があるお薬にはそれなりの理由があるという事は、是非参考程度に覚えておくことをおすすめします。



top