フィンペシアの正しい飲み方や副作用、効果などを知り確実にAGA(抜け毛、薄毛)を改善しましょう!!

AGA対策レポート

フィンペシアの正しい飲み方とは?

フィンペシアを飲むにしても正しい飲み方をしなければきちんと効果を発揮することはありません。フィンペシアを飲むのに適したタイミング、服用量、期間などがあります。それらを守らなければ副作用をつよめてしまったり、逆にAGA(薄毛・抜け毛)の進行を早めてしまう恐れもあるのできちんと正しくフィンペシアを飲みましょう。ではフィンペシアの正しい飲み方のポイントは次の通りになります。

フィンペシアを飲むタイミング・時間帯

フィンペシアを飲む時間帯や、食前・食後かの指定はありませんが、フィンペシアは1度服用すると24時間効果が続くため、24時間ごとに服用することをおすすめします。きちんと飲む時間を指定することによってフィンペシアの効果をより高くすることができます。

また、食前・食後どちらのほうが服用にむいているかというと、食後のほうがフィンペシアの服用にむいています。薬の栄養分は消化器官からも吸収されるため、消化器官が活発に動いている食後であれば、より効率よく有効成分を吸収することができます。

フィンペシアの1日の服用量

フィンペシア1mgの場合1日1錠服用します。それ以上飲むと心臓や肝臓に過度に負担がかかったり、重度の副作用を引き起こす危険性があるので絶対に決められた量以上は飲まないようにしましょう。また、1錠でも副作用が心配な人はピルカッターで半分にしてづくようする方法もあるのでその方法で服用することをすすめします。

フィンペシアの服用期間

では、フィンペシアは飲むのをはじめたら期間はどのくらい服用すればいいのでしょうか。フィンペシアの効果を得られるのは最短で3ヶ月、最長で半年かかります。ただ、継続して飲むことが一番効果を発揮するので抜け毛、薄毛を改善、予防したい場合は長期間飲まなければいけません。

残念ながら服用をやめてしまうと元の状態に戻ってしまうためそこは注意しましょう(※他のAGA治療薬も同じです)。ただ、フィンペシアからロゲインやザガーロといった他のAGA治療薬に変えた場合、引き続き抜け毛、薄毛の改善効果が期待されます。

水もしくはぬるま湯で飲む

基本的に薬は水やぬるま湯でのむようにしましょう。ただ、薬の味がどうしてもにがてで…という人はジュースやお茶も併用することができるのでそれと一緒に飲むことをお勧めします。

服用後はアルコールを飲まない

フィンペシアとアルコールを一緒に摂取してはいけないという具体的な規定はありませんが、フィンペシアを飲んだ後にアルコールを飲むのはあまりおすすめできません。なぜかというと、フィンペシアは肝臓で分解される薬だからです。

アルコールも同様に肝臓で分解されるため、両方を摂取すると肝臓に大きな負担がかかります。そうなると男性機能の低下など深刻な副作用をまねくおそれがあるためアルコールを飲むのをあまりおすすめすることができないのです。

フィンペシアの副作用

フィンペシアの主な副作用は初期脱毛、体毛が濃くなるなどがあります。まれにですがED気味になってしまったり、食欲が低下したりなんてことが起きることもあります。また、重症化すると肝機能障害になったりすることもあるため服用量には注意が必要です。

ただ、比較的に副作用がすくない治療薬であるため、神経質に副作用を気にする必要もないと考えてよいでしょう。また、併用禁忌薬を使用したり、服用に向いていない人が服用すると副作用が強くなってしまうことがあります。ではフィンペシアの副作用、服用に向いていない人、逆に向いている人を紹介したいと思います。

フィンペシアの併用禁忌薬

フィンペシアの併用禁忌薬はありません。どの薬でも相性の悪い飲み合わせはないといわれています。なので、フィンペシアによるEDが起きた際、ED治療薬を併用しても何も問題はありません。

フィンペシアの服用に向いていない人

服用に向いていない人は肝機能、腎機能に問題がある人です。フィンペシアは体内に取り込まれる際に肝臓、腎臓をとおって吸収されていくため、肝臓、腎臓に大きな負担がかかります。もともと肝臓、腎臓に問題がある人だとフィンペシアを取り込む際の負担が大きくなるため症状を悪化させてしまう恐れがあります。そういった人は自己判断で服用するのはかなり危険なため、必ず医師の診断をうけてから服用するようにしましょう。

また、女性や未成年もフィンペシアを服用することができません。身体の機能に悪影響を与える可能性があります。女性で抜け毛、薄毛治療をしたい人は女性用ロゲイン、女性用ザガーロを使用するときちんと治療することができます。 【女性用の育毛剤・発毛剤

top