薄毛にならないためにも、頭皮や毛根にとってどのような成分や栄養が必要かを理解し、薄毛の予防として心配な人は対策しましょう。

AGA対策レポート

AGA対策レポート
‐発毛育毛に有効な成分‐

頭皮に必要な成分

頭皮に必要な成分 近年の日本における脱毛症の症状に悩んでいる男性は日本に約1300万人いると言われています。

頭頂部や額の生え際から毛髪が後退するなどの症状がみられるようになり外見を気にする若い男性にとっては、悩みやストレスまたは自分に自信をなくしてしまい対人関係が上手くいかなくなってしまうということもあります。

再び健康な毛髪を取り戻すには、頭皮を清潔に保つなど毎日の頭皮のお手入れがとても重要になり、育毛に有効とされている成分が配合されている製品の使用が必要になります。

間違った対策や治療をしてしまう場合はお金や時間を無駄にしてしまうだけではなく、逆効果になってしまったりするので、どんなにケア用品を使用してもAGA治療の効果を実感することはできません。
頭皮に良いとされている成分は医学的にも有効と考えられているミノキシジルという成分で、この成分が配合されている製品は現在、育毛剤と経口服用する錠剤の2種類が主になります。

育毛剤として有名であり、ドラッグストアなどでも取り扱いのあるリアップが有名であり、1%と5%が配合されているものがあり日々継続的に頭皮に塗布することで効果が現われます。

ミノキシジルがAGAの治療に有効とされているわけは、AGAの症状が髪に十分な栄養補給をできないように妨げてしまっていることが原因で起こるので、その症状を緩和させるべく、有効成分が頭皮に浸透することで頭皮内の細胞や毛細血管などを活発にし活性化させることによって毛髪が成長のために必要な栄養素を血液を通して補給することが可能になります。

そんな有効なミノキシジルであっても弱点は存在します。
頭頂部以外にはあまり効き目を実感することができないという点があり、その理由として液だれするため生え際などに塗布しても浸透する前に液剤が落ちてしまうため頭皮全体のケアが難しくなっています。

そんな塗布しにくい箇所を補う方法としてはミノタブ(ミノキシジルタブレット)と呼ばれる経口薬を服用することで身体の内側から頭皮全体を活性化させることができ、生え際にも十分に効き目を与えることを可能にしてくれます。

AGA治療にはもう1つ有効と言われているフィナステリドという発毛作用がある有効成分を含むプロペシアなどのお薬もあるので併用することで、より高い効果を得ることができるのでとてもおすすめです。

併用についてはAGAの医師も勧めている治療法です。

top