若い人でもなってしまうAGAですが、医薬品の治療の他にどういった治療法があるかを理解し、そのメリットやデメリットについても把握しましょう。

AGA対策レポート

AGA対策レポート
‐様々なAGAの治療法‐

クリニックでのAGA治療方法

クリニックでのAGA治療方法 男性型脱毛症(AGA)はどこで治療をすればいいのでしょうか。また、治療を開始してすぐに効果は現れるのでしょうか。
治療方法に関しては、病院、美容外科、皮膚科などがあり、近年は男性型脱毛症の専門的なクリニックも増えてきています。

まず初めに、薄毛治療は自由診療になるので保険適用はされませんので全額自己負担をしなければなりません。
専門のクリニックで治療を受ける場合は非常にお金と時間がかかる治療だと覚えておいて下さい。
治療を受け、お薬を処方してもらうことになりますが、その際も同じで、効果が現れるのは個人差もありますが、最短でも3ヶ月はかかります。

治療においては地道に継続していくことが必要なので、費用やお金がかかっても通院することが大切です。

クリニックで治療を受ける流れになりますが、診察を行ない専門の医師による頭皮や髪の状態、生活習慣などから、まずすぐにでもできる改善策を考えます。
すぐにでもできる改善策の例えとしては、タバコを止める、お酒を止める、しっかり睡眠時間を確保するなどです。

また、初期状態の写真撮影を行ない、その後どのくらい効果が表れているかの確認をするための材料になります。
次に血液検査を行い、内服薬を投与しても問題ないか、他の病気のお薬の影響などはないかなどの確認をします。

そこで問題なくクリアすれば内服薬による治療が行えることになります。
内服薬で多いのはミノキシジルまたはフィナステリドの処方です。
専門家や人によってどちらのお薬かは分かりませんが、どちらも服用する場合もあります。

これは専門家と患者さんの間でカウンセリングなどによっても変わりますのであくまで参考程度にはなってしまいますが、ミノキシジルかフィナステリドを処方される場合が多いです。

専門医によって、その患者さんのためだけの対策や治療法を提供するところがほとんどで、お薬の処方は大概30日分になるため、月に一度通院することが必要になります。
内服薬の他にも外用薬の処方がある場合ももちろんあります。

年配の方などは外用薬の方が馴染みもあり、効いている気がするという意見もあり、気持ちの面というのも非常に重要なことから外用薬を専門家と相談し選択する場合もあります。

ちなみに外用薬の方が体への負担は軽減されているものの副作用がまったく出ないわけではありません。

ミノキシジル・フィナステリドを用いた治療の他にもメソセラピーという治療法もあります。
この治療法は、頭皮へ直接薬剤を注入し、AGAを治療する方法です。
注射というと痛そうなイメージがありますが、注射針が細かったり痛みをなくす工夫がされていますので心配の必要はありません。

治療時間もごく短時間で済みますし、従来のAGA治療よりも遥かに効果が高いと期待をされています。
そして植毛という方法はすぐに効果を実感できるという点でとても強味です。
脱毛しにくい側頭部や後頭部の髪を培養し植えていきますので抜けにくくなります。

ただし、費用はかさみますし、痛みも伴います。
注射や植毛というのは根本的な治療や解決にはならないため、どうしても定期的に通う必要が出てきてしまいますので、本当にその場しのぎの場合で即効性を重視した効果が欲しいという方にはおすすめですが、自然に育毛や発毛で治療したいという方には不向きですので、その点は理解が必要です。

top