プロペシア効果で薄毛・抜け毛などAGAの症状の解決方法を紹介。他にも副作用、飲み方、ミノキシジルの併用に関しても紹介しています

AGA対策レポート

プロペシア効果で薄毛・抜け毛などAGAの症状の解決

プロペシアはロゲインザガーロと並ぶAGA治療で頻繁に使用されている効果の高いAGA治療薬です。抜け毛、薄毛、AGAの原因となる男性ホルモンの生成を阻害し、予防します。日本のみならずアメリカでもフィンペシアなどのプロペシアジェネリックが多く出回るぐらい世界的に育毛効果の認められた治療薬です。では、プロペシアとはどのような治療薬なのか詳細を見ていきましょう。

プロペシアの主成分、フィナステリドは側頭部、後頭部の抜け毛・薄毛に有効

フィナステリドはAGA(ハゲ)の原因となる5a-還元酵素(リラクターゼ)の阻害薬です。この還元酵素には1型、2型があり、フィナステリドは1型に働きかけます。1型(リラクターゼ)は側頭部や後頭部の皮脂線に多く存在します。

なので、側頭部や後頭部の抜け毛、薄毛が気になる人には大きな効果を発揮します。また、どんな抜け毛、薄毛に対応しているというわけではなく、あくまでもAGAに対して大きな効果を発揮するとされています。確実に効果を発揮したい、という人は2型に働きかけるミノキシジルの配合されている治療薬を併用することをおすすめします。

プロペシアの効果の出かた

実際にプロペシアを服用した人たちの話を総合したところ、飲みはじめてから3ヶ月~6ヵ月程度経過した後に効果を感じるそうです。また、飲みはじめに初期脱毛という毛が抜ける症状が一時的にあらわれるという意見も多く聞きました。服用した最初の頃抜け毛が多く、心配もあったそうですが、2週間程度でぱったりとやみしっかりとした髪の毛がじょじょに伸びてくるようになるそうです。

プロペシアの効果持続期間

基本的にプロペシアに限らず、どの育毛剤でも確実に効果がでるかわりに飲み続けなければなりません。途中で服用をやめることもできます。しかし、当たり前の話ですが、飲むのをやめてしまえば、また薄毛、抜け毛の進行が始まり、前の状態にもどります。

ずっと服用しつづけないとならないと聞くとすこし負担が大きいなと思いますが、一度生えた髪の毛は一生物です。好きな髪形をしたり、オシャレしたり、人の目を気にせずに自由に生活できると考えると使用してみる価値は大いにあります。

ちなみに、ロゲインやザガーロなどほかの育毛剤に変えた場合、薄毛や抜け毛が進行することはないので安心してください。

プロペシアは女性にも効果があるの?

ロゲインツゲインは女性でも使用することができます。ではプロペシアはどうでしょう?女性の抜け毛、薄毛にも効果を発揮するのでしょうか。残寝ながら女性の場合プロペシアを使用することはできません。特に妊娠中もしくは妊娠している可能性のある女性、授乳期間中の女性は絶対に触れてはいけません。では、なぜ妊婦さんや授乳期間中の女性は触れてはいけないのでしょうか。理由をみていきましょう。

妊婦さん授乳中の女性にプロペシアは危険

まず妊娠中の女性に及ぼす影響について。妊娠中の女性がプロペシアを服用したり触れたりすると子供の生殖器の発達に影響をあたえます。とくに男の子だと発達異常によって生殖器が未発達のままうまれてきてしまいます。

次に授乳中の女性に及ぼす影響について。子供にとってもプロペシアの成分は悪影響をあたえます。なので、母乳からプロペシアの成分を吸収してしまい肝機能に障害がでてしまう危険性もでてくるのです。

その他にも頭痛、吐き気などの体調不良も起きることがあります。皮膚からも成分は吸収されてしまうので、子供がプロペシアをさわったら入念に手を洗うようにしましょう。また、誤飲してしまった場合、すぐに手を突っ込んで吐き出させ病院へ連れていくようにしましょう。

女性用の育毛剤・発毛剤あります

では、女性の人で抜け毛、薄毛、FAGAに悩んでいる人はどのように治療したらいいのでしょうか。最初にも出たとおり女性が抜け毛、薄毛治療をする場合ミノキシジルを主成分とするザガーロやツゲインを使用することをおすすめします。

女性用のザガーロやツゲインは男性用よりも成分量が少なめになっているため、効果はゆるやかにあらわれます。男性と同様に効果があらわれるまで3ヶ月~6ヵ月程度使用しなければなりません。

フィンペシアと違い、服用するタイプではなく、頭皮につける外用タイプなので副作用などをあまり気にせず使うことができます。(詳細はこちらへ女性用ロゲインの詳細女性用ツゲインの詳細

プロペシアの効果を高める方法は?

プロペシアは普通に使うだけでも効果は十分高いですが、上手い使い方を知ればプロペシアの効果をより高めることができます。では、プロペシアをどのように使用すればより効果的にAGA(抜け毛、薄毛)を治療することができるでしょうか。効果を高める方法をみていきましょう。

効果を高めるには継続が大切

プロペシアに限らず、AGA(抜け毛、薄毛)治療は継続が大切です。逆にきちんと継続しなければ効果を発揮せず逆に抜け毛、薄毛を増加させてしまうこともあります。

AGA治療はすぐに結果が出るものではなく最低でも3ヶ月~6ヵ月経過しないと効果があらわれません。これは薬の効果が弱いからというわけではなくヘアサイクルにあります。

ヘアサイクルを正常に戻すのに時間がかるためすぐに育毛効果を得ることができないのです。しかし、1度ヘアサイクルが正常な状態にもどってしまえば、プロペシアを使用している限り薄毛や抜け毛をどんどん改善していきます。

食後の服用がおすすめ

プロペシアの服用は食前、食後と特に指定はありませんが、食後の方がプロペシアの効果が高くなったという意見が多数あります。プロペシアの成分は胃腸からも吸収されます。

なので、胃腸が活発なときに服用すると効率よく成分を吸収することができるので、食後のほうがおすすめです。あと、食事に関してもAGA治療(薄毛、抜け毛)に効果の高い、大豆、鶏肉、ナッツ類、海藻、緑黄色野菜をバランスよく摂取するのもおすすめします。

ヘアケア(育毛)シャンプーを併用する

AGA治療は必ずしもプロペシアのような医薬品による治療のみではありません。AGA治療に効果の高いヘアケアシャンプーを使用すればより頑丈な髪の毛にすることができます。

市販でもヘアケアシャンプーは購入することもできますが、人の目がきになって購入しにくい、ちょっと値段が高い…と思う人も少なくないかと思います。そんな人は通販でヘアケアシャンプーを購入することをおすすめします。通販なら効果の高いヘアケアシャンプーを安く購入することができるのでとてもおすすめです。

ヘアケア(育毛)シャンプーの詳細へリンク

ミノキシジルを併用する

ミノキシジルはプロペシアの主成分のフィナステリドと同様に効果のたかいAGA治療薬です。AGAの原因でもある5aリラクターゼには1型、2型とあります。フィナステリドは1型の働きしか抑制することができません。一方のミノキシジルは2型の働きを抑制します。

両方とも別の部分に効果を発揮し、お互いの効果を邪魔することはありません。両方からアプローチすることによってAGAを確実に治療することができます。そのミノキシジルが含まれている製品で代表的なものがロゲインとつゲインです。某市販の育毛剤と同じ成分を配合し、価格も安く効果も抜群です。

ロゲインの詳細

top