プロペシア効果で薄毛・抜け毛などAGAの症状の解決方法を紹介。他にも副作用、飲み方、ミノキシジルの併用に関しても紹介しています

AGA対策レポート

プロペシア効果で薄毛・抜け毛などAGAの症状の解決

プロペシアはロゲインザガーロと並ぶAGA治療で頻繁に使用されている効果の高いAGA治療薬です。抜け毛、薄毛、AGAの原因となる男性ホルモンの生成を阻害し、予防します。日本のみならずアメリカでもフィンペシアなどのプロペシアジェネリックが多く出回るぐらい世界的に育毛効果の認められた治療薬です。では、プロペシアとはどのような治療薬なのか詳細を見ていきましょう。

プロペシアの主成分、フィナステリドは側頭部、後頭部の抜け毛・薄毛に有効

フィナステリドはAGA(ハゲ)の原因となる5a-還元酵素(リラクターゼ)の阻害薬です。この還元酵素には1型、2型があり、フィナステリドは1型に働きかけます。1型(リラクターゼ)は側頭部や後頭部の皮脂線に多く存在します。

なので、側頭部や後頭部の抜け毛、薄毛が気になる人には大きな効果を発揮します。また、どんな抜け毛、薄毛に対応しているというわけではなく、あくまでもAGAに対して大きな効果を発揮するとされています。確実に効果を発揮したい、という人は2型に働きかけるミノキシジルの配合されている治療薬を併用することをおすすめします。

プロペシアの効果の出かた

実際にプロペシアを服用した人たちの話を総合したところ、飲みはじめてから3ヶ月~6ヵ月程度経過した後に効果を感じるそうです。また、飲みはじめに初期脱毛という毛が抜ける症状が一時的にあらわれるという意見も多く聞きました。服用した最初の頃抜け毛が多く、心配もあったそうですが、2週間程度でぱったりとやみしっかりとした髪の毛がじょじょに伸びてくるようになるそうです。

プロペシアの効果持続期間

基本的にプロペシアに限らず、どの育毛剤でも確実に効果がでるかわりに飲み続けなければなりません。途中で服用をやめることもできます。しかし、当たり前の話ですが、飲むのをやめてしまえば、また薄毛、抜け毛の進行が始まり、前の状態にもどります。
ずっと服用しつづけないとならないと聞くとすこし負担が大きいなと思いますが、一度生えた髪の毛は一生物です。好きな髪形をしたり、オシャレしたり、人の目を気にせずに自由に生活できると考えると使用してみる価値は大いにあります。
ちなみに、ロゲインやザガーロなどほかの育毛剤に変えた場合、薄毛や抜け毛が進行することはないので安心してください。

top