若いうちから男性型脱毛症に悩まされている男性が増えている日本ですが、効果的なお薬を用いた治療法でよりスムーズに薄毛を治療しましょう。

AGA対策レポート

AGA対策レポート
‐AGAに有効なミノキシジルとフィナステリド‐

男性型脱毛症(AGA)

薄毛の原因とは色々ありますが、その中でも大きな割合を占めるのが「男性型脱毛症(AGA)」と呼ばれるものです。
およそ1300万人もの人がこの症状で悩まれているそうです。

男性型脱毛症の症状とは、思春期以降の男性に起こりえます。前頭部の生え際(額の生え際)や頭頂部が段々と薄くなるのが特徴です。
ヘアサイクルと呼ばれる生え変わりの周期の中にある、「成長期」と呼ばれる期間が短くなることにより起こってしまいます。
進行性の症状となるので、放っておくとさらに髪は抜け落ちていき頭皮が露出していきます。

原因として、遺伝性によるものと、男性ホルモンによる影響が挙げられます。
遺伝による原因は、今のところはっきりとしていないのですが、大きな原因である男性ホルモンによって引き起こされるメカニズムはこうなっています。

男性ホルモンはほとんどが「テストステロン」というホルモンで占められています。
皮脂の分泌量を多くするものなのですが、髪を太くするという働きも行っています。そのテストステロンに5-aリダクターゼと呼ばれる酵素と結合し、「ジヒドロテストステロン(DHT)」とよばれる男性ホルモンを生成します。

DHTは、非常に強力なホルモンです。その作用により、皮脂が大量に分泌をされてしまいます。そうなってしますと髪に栄養が届きにくくなり、血行も悪くなります。

また、ヘアサイクルの成長期を止めてしまい退行期・休止期にしてしまう指令も出します。
すると正常なヘアサイクルが行われなくなり、髪が十分に太く、長く成長しなくなるため細いまま抜けてしまうのです。

そのため、生え変わるときに産毛のような細い髪に見えてしまうため髪が薄く見えてしまいます。また、髪が抜け落ちてしまうサイクルも早くなってしまいます。次第に髪が薄く、細い髪の毛しか残ってしまいます。
これが男性型脱毛症によって起こる薄毛です。

額の生え際、そして頭頂部から抜け落ちてしまうのは5-aリダクターゼがこの部分から分泌をされるためです。
そのため、側頭部などには髪が残ったままとなっています。

男性型脱毛症(AGA)

ミノキシジルとフィナステリド
ミノキシジルとフィナステリド 薄毛の治療法で現在主流になりつつあるのが、内服薬による治療です。また、最も効果が期待できる治療法になります。
医療機関にて処方してもらえますが、保険適用がされないために全額負担をする必要があります。

そのお薬と成分とは
「ミノキシジル」
「フィナステリド」

上記の2つの成分です。
フィナステリドだと商品名は
「プロペシア」
という商品になります。記憶にある方も多いかと思います。
どちらも薄毛予防に効果がありますが、その効き目には少なからず違いがあるのです。
では、その違いとは一体どういう違いなのでしょうか?

ミノキシジルをの使用目的は、育毛の為に服用をします。
ミノキシジル(成分)が血管を拡張し毛根に栄養がいきやすくなり、毛髪の再生に効果が現れます。
元々は、高血圧の治療のために開発されたのですが、臨床試験により発毛効果も認められました。
外用薬よりも効果が高いのですが、その分副作用も大きいです。頭皮の痒みやかぶれ、頭痛、多毛症、性的不能などが起きる事があります。

一方フィナステリドは脱毛を防ぐために服用をします。
男性型脱毛症の項目で頻繁に登場する、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えます。
このホルモンが生成されると、ヘアサイクルが乱され、髪が細いまま生え変わり、生えてきても産毛状態のままで止まってしまいます。
発毛や育毛に効き目はありません。
脱毛を防ぐことに特化した薬になりますので間違えないようにして下さい。
副作用も同様に頭皮の痒みや性欲の減退、頭痛などが起こってしまいます。

先述の通り、この二つの医薬品は役割が全く違います。そのため、併用しても効果はかぶりません。それぞれの効能により、さらに薄毛に有効な効き目を発揮します。

ミノキシジルとフィナステリドの併用はAGA治療の医師も推奨しています。
「男性型脱毛症診療ガイドライン」と呼ばれる日本皮膚学会のガイドラインでは一番効果の高い推奨ランクAに指定されているのでとても有効です。

世界で認められているミノキシジル
ミノキシジルは発毛効果の高い薄毛治療薬として、世界中から注目を集めています。

日本ではリゲインの名称で頭皮に塗布する付け薬として販売されており、外用薬としての認知度が高いです。
しかし海外では内服薬としても販売されており、ミノキシジルタブレットというものが存在します。
頭皮に塗布する外用薬、経口タイプの内服薬、どちらも同じくらいの人気があります。
なお、国内では厚生労働省により内服薬としては未承認となっていますが、法的に個人輸入することは認められており、近年ではどちらも合わせて服用することでより高い効果が得られるとしてとても人気を集めています。

ミノキシジルは頭皮への塗布または服用することにより、毛髪細胞を活性化し、発毛を促進します。
もちろんこれだけでも育毛効果は高いのですが、他の薄毛治療薬と併用することでその効果を更に高めることが可能です。

特に男性型脱毛症抑制剤のフィナステリドという成分を含むプロペシアやプロスカーとの組み合わせが有効とされています。

プロペシアは男性型脱毛症(AGA)の原因となる男性ホルモンであるジヒドロテストステロンの生成を抑える働きがあり、摂取する事で、抜け毛を完全にストップすることが可能となっています。

ただし女性が使っても効果がまったくありませんし、特に男児を妊娠している女性は絶対に服用しないように気をつけて下さい。

触れる事すらしないように注意する必要があります。
性器の成長に影響を及ぼす危険性があるので、禁止事項として強く表記をされています。
※女性には女性専用の薄毛治療薬を服用することをおすすめします。



top